歯根端切除術とは

  • 2018.10.12 Friday
  • 08:44

虫歯で神経が炎症を起こしたり、根の先に病気ができたりした場合第一選択は根の治療です。

しかしながら根の治療で触れるのは、歯の中の神経が入っていた部分だけです。

この部分を清掃して、体の治癒力によって浄化された場合は根の先の病気も治ります。

しかし、80%くらいの人に見られる神経の枝分かれで、清掃できない部分の腐敗物によって治癒しなかったり、根の外まで及んだ感染物が歯石のように固くなっていたり、根の先が破折していたりした場合は治癒しません。

また、根の先が非常に広い場合も治癒しにくいといわれています。

 

根切の理由

 

その場合、次に適応になるのが「歯根端切除術」です。

この方法で、問題になっている部分を外から外科的に摘出し、さらに根の先から3mm程度の清掃を外から行いその部分の閉鎖をします。

当院では、この術式をマイクロスコープ下で行っています。

以前は、拡大鏡(7倍ルーペ)下で行っていました。

しかしながら、やはりマイクロスコープの強拡大下での仕事とはレベルが違います。

その恩恵によって、根を先の方から破折線や腐敗物を確認しながら除去しています。

そのために歯根端切除術の成功率は飛躍的に上がりました。

しかし、根の長さが短くなってしまうのは喜ばしいことではありません。

あくまでも根の治療が奏効しなかった場合の次の手段です。

 

 

歯の病的移動

  • 2018.10.08 Monday
  • 07:52

歯が抜けたまま放置しておくと、口の中には様々な変化が表れてきます。

また、歯周病の手当てが遅れた場合も歯の移動によってさまざまな変化が起きてきます。

本日はそんな話。

歯は、隣に歯があり舌と頬があってかみ合わせがあるのでその位置に定着しています。

逆に言えば、そのどれかがなくなった場合、その方向に簡単に移動してしまいます。

さらに移動した歯の隣の歯は、寄り添う歯がなくなりその方向に倒れていきます。

これは、歯を抜いた時に限らず、歯周病で歯が移動したときにも当てはまります。

図に書くと下図の様になります。

青丸の空間に向けて他の歯が倒れこんでいます。

それによって、向かい合わせの歯のかみ合わせも変化し移動が生じています。

なくなってしまった歯を補うのは、単にかむという行為のためでなく、口に中が変化するのを防ぐ意味合いがあるのです。

疼痛閾値とは

  • 2018.07.23 Monday
  • 07:52

人が刺激を受け、それ以上になると痛みと感じる境目を閾値と言います。
本日は痛みの閾値の話。

 

熱いお湯の中に手を入れる場合、人によってその限界温度が違うように疼痛閾値には個人差があります。
また、その人の状態によっても違ってきます。
通常なら痛みを感じないような刺激でも、痛みに感じてしまう状態。
歯に当てはめるなら、痛みで神経が興奮した状態の場合、少しの痛みでも閾値を超えてしまい痛みに感じることはよく有ります。
また、歯牙の状態では、強いかみ合わせ力で歯にひびがはいり閾値が下がる可能性があります。
この場合、閾値が上がれば治療が必要なくなる場合があります。
また、力によって歯を支える歯周組織の閾値が下がり、通常のかみ合わせ力でも痛みに感じてしまう場合もあります。
我々は痛みを電気信号によって脳で認識しています。
そのため、体調によって閾値は変化します。
ヨガの達人が精神修行によって火の上を素足で歩けるのもこのためです。

この様な様々な要因によって変化するのが痛みの閾値です。


それでは閾値が下がっている状態の患者さんをどうすればいいのでしょうか?
閾値が下がる原因が明らかならばそれを治療するのは当然です。
しかし歯科疾患は複合疾患なので、多くの場合複数の要因が関与しています。
そのためこういう状況にある時は、誤診につながりやすい状態といえます。
その場合は、侵襲の小さい予防処置から徐々に始めるのがセオリーであると考えています。
歯科治療の多くは外科処置のため、一度始めると元には戻らないからです。
自信を持って石橋をたたき、時には渡らず回り道をする勇気も必要なのです。

 

総義歯の手順

  • 2018.07.19 Thursday
  • 06:09

総義歯は、言うまでまでもなく歯が全くない人に対する治療です。
言い換えれば、何もないところに口に関する器官をすべて設定する治療です。
我々歯科医師は、体のそのほかの部分を参考にしながらそれぞれを設定していきます。

 

ゝ豕岨がある場合
旧義歯があればある程度の参考になり、また、それを利用して正しいあごの関係を導き出すことも出来ます。
この場合は、旧義歯を修理してかみ合わせを整えます。
安定したら、精密な型を取ります。歯がある場合と違うのは柔らかさが違う軟組織の型を取ることです。
この場合、入れ歯が入って力がかかった時の組織の型を取らなければなりません。
一発勝負でとれるモノではないので、数回かかる場合があります。
次に、旧義歯によって整えられた上あごと下あごの位置関係を記録します。
それによって、歯を作る時に使う咬合器にあごの動きを再現します。
更に横に動く限界の位置を決めるため、動いた時のかみ合わせを取ります。
これでやっと人工歯を並べる準備が出来たので、ロウに歯を並べて試適します。
位置に狂いがなかったら、それを硬い樹脂に換えて完成になります。
ただ、樹脂に換える時の誤差、様々な材料の収縮や膨張があるので口の中で微調整が必要です。
それを乗り越えて、あたりがなくなった時、総義歯の完成になります。

 

旧義歯が無い場合、あるいは多くの歯を抜歯して一気に総義歯になった場合
参考になるモノがない場合は、精密な型を取った後、あごの位置を様々な検査の上で決めていかなければなりません。
当院では顔貌や唇の厚みでまずかみ合わせの高さを決定します。
更に、左右、前方運動および習慣的なかみ合わせ運動を行うことによって、あごの位置の中心を決定します。
それからは、旧義歯がある場合と同じように作製し、完成になります。
一通りの手順は以上になりなすが、各工程でダブルチェックを行うので、狂いが有ったらその時点に戻ってやり直しになります。

定期検診では何を見ているのか?

  • 2018.07.17 Tuesday
  • 07:44

本日は、定期検診では何を見ているのかを解説したいと思います。

 

ご承知の通り歯科医院で一通りの治療が終わり、その状態を維持出来ているのか確認するために行うのが定期検診です。
本日はそのとき私たちが何を見ているのかを解説したいと思います。

 

,弔瓩燭蠅ぶせたりした部分の歯の境目とのチェック
金属や樹脂、セラミックと歯の加重に対する変形率や熱膨張率は違います。その誤差をセメントが支えています。
経年的な劣化も当然あることです。
界面が離れて虫歯が再発していないかチェックします。


△み合わせのバランスをチェック
歯と歯が一日何百回もすれていれば当然減ってきます。
ところが、どの歯でもエナメル質の厚みは一定ではありません。これが薄ければ早期に内側の象牙質が出て減りが早まるでしょう。
つめたりかぶせたりした部位も、硬さは違うモノです。

それぞれにかかるかみ合わせ力のバランスをチェックします。
それによって歯周組織に影響を及ぼしたりしている部分も確認します。
たとえば大きく平面状にあたって、側方力が大きくなっているところを適切なあたりに修正したりします。


歯周病のチェック
歯周病は残念ながら治癒することがありません。歯周病菌も常在菌なので駆除することは出来ません。
病状が落ち着きやすい状態に整えて安定した状態を維持しているかをチェックします。
また、歯周病は年齢が上がるだけでリスクがあがる病気です。
今のケアで釣り合いがとれている場合は再発しませんが、再度炎症が起きている部位には追加のケアが必要になります。
そういう部分もチェックします。
また、´△農睫世靴浸項も、歯周病と密接に関わってくる事項です。

 

治療が終わったら何も起きないのが当たり前と考える患者さんが多いと思いますが、機能している歯が変化しないわけがなく、その変化が生理的な範囲なのかをチェックするのが定期検診なのです。

インプラントの手順

  • 2018.07.12 Thursday
  • 07:00

歯が無くなった所にインプラントをする場合、骨の量が最も問題になります。
またその質も大きな注目点です。
その分析で最も有効なCT撮影がまず必要になります。
それによって、骨の厚みとある程度の密度がわかります。
また、それが足りないときは補う手技や骨の造成を検討します。
更に、シミュレーションソフトいれ疑似手術を行うことによって計画の洗い出しを行います。

インプラントに限らず治療全般は、治療行為に移るまでの計画段階でいかに煮詰めるかが大切であると考えます。

 

手術日当日は、入室後約1時間をかけて口腔内の清掃を行い、お手洗いを済ませて手術室へ移動します。
滅菌された布で患部以外を防御し、各種モニターをつけて手技に移ります。
埋入部を露出したら、手術用のマウスピースを参考に。よく切れるドリルで段階的に穴を広げていきます。
予定の規格に合致した大きさに形成後、インプラントを規定トルク内で埋入。
オステルで安定度を計測、問題が無ければ緊密に縫合します。

 

術後約1週間から10日後、糸を取ります。

 

状態によりますが数ヶ月後、今度は上に歯を作る準備のための手術を行います。
これは、歯肉を整形し、インプラントに歯肉が治りやすくする部品をつなぐ手術になります。歯肉の厚みが足りない場合は、このとき歯肉の移植術を行う場合もあります。
1〜2週間後抜糸します。


歯肉の治癒を待って、今度は歯へスムーズ移行する形態に歯肉の形を変えるプロビジョナルレストレーション(仮歯)を入れます。
この段階でかみ合わせに問題が無ければいよいよファイナルを入れて治療終了になります。

睡眠時無呼吸症候群

  • 2018.06.25 Monday
  • 07:06

22日は5時30分で診療を終えて申し訳ありませんでした。

CDRI6月例会でした。

本日のテーマは「睡眠時無呼吸症候群」日本大学の外木守雄教授にお願いいたしました。

外木教授

私の知識では、治療法はマウスピースによる下あごの位置の改善か、CPAの圧力による気道回復のみでした。

しかし、日大では手術であごの大きさを変え舌の位置を変えたり、舌骨上筋群をけん引したりする手術を積極的に取り入れているとのことでした。

しかもその症例数は年間500症例余りというので驚きです。

実際手術はかなりハードルか高いと思われますが、しっかりした知識をもって患者さんの対応に当たりたいと思いました。

日顎と歯科用内視鏡セミナー

  • 2018.06.11 Monday
  • 06:40

6月9日土曜日は休診して申し訳ありませんでした。

9日10日両日とも、日本顎咬合学会総会に出席していました。

例年通りの盛況で、最新のトピックや伝統的な手技の講演など例年通りバラエティーにとんだ学会でした。

日顎36回

10日は午前中で学会会場を後にして、歯科用内視鏡のセミナーに参加してきました。

今回は歯周治療に限定した歯科用内視鏡の応用セミナーでした。

歯周治療にとって、ポケット内の汚れや歯石を取り除くことが最も重要です。

今までは手探りで行うか、手術で歯肉をめくって直視下で行ってきました。

しかし、手探りでは取り残しが手術では侵襲が問題でした。

そこで、今回内視鏡で確認しながら行う器具が登場したわけです。

内視鏡2 内視鏡1

左が内視鏡本体です。

そのレンズサイズはわずか0.5弌

右側のモニターと洗浄用のコンプレッサーでポケット内を洗浄しながら確認できます。

使用感や画像にはまだ改善の余地がありそうですが、新しい考え方に触れた午後でした。

フッ素の効果について

  • 2018.06.04 Monday
  • 05:55

フッ素の虫歯抑制効果はよく知られています。
しかし、どのように効果があるのかは漠然としているのではないでしょうか?
本日はそんなフッ素のお話。

 

歯が虫歯になるのは、細菌が産生する酸によって溶ける歯質と、主に唾液によって歯の成分が戻ってくる再石灰化の量の差によるものです。
(詳しくは予防の項目を確認してください。)
フッ素はこの再石灰化を3倍促進させるものです。
正しい使い方を続けて、有効に使用してください。

 

フッ化物の応用は、通常歯磨き粉に入っているフッ化物によってなされます。
多くはフッ化ナトリウムやモノフルオロリン酸ナトリウムとして添加されています。
またはフッ素溶液ジェルやフッ素洗口剤としても応用されています。
私の私見で言わせていただければ、日常生活習慣に入り込みやすい歯磨き製剤での応用がベストではないかと考えています。

歯磨き剤

使用法ですが、最も好ましい使用法は、低濃度フッ素製剤を頻回に取ることです。
よく歯科医院でフッ素塗布を受けるため(基本的には自費診療になるのですが…)来院される患者様がおられます。
また、歯科医師会でおこなわれるイベントに、長い時間並ぶ家族連れもいらっしゃいます。
しかし、基本的に期待される効果は、歯磨き粉に入っているフッ素と何ら変わるモノではありません。

 

その使用方法は、歯ブラシの端から端まで歯磨き粉をつけ、しっかり歯垢を取るように隅々まで磨き、大さじ一杯程度の水で一回だけ、5秒くらいかけてうがいをし、以降飲食をしないことです。
フッ素添加濃度は、日本でも1500ppm未満まで添加できるようになったので、6歳以上はそれを、6歳未満では今まで通り1000ppm未満のモノを使うことになっています。
理由は、フッ素の投与によって班状歯の発生が増加する危険性があるのでということです。
フッ化物を水道水に添加している米国などで頻発し、そのため審美歯科が発展したという皮肉な出来事が過去にありました。
いずれにしても、フッ素の抗う蝕効果は十分期待して良いと思いますので、積極的に応用する事をおすすめいたします。

インプラントに対する骨造成

  • 2018.05.21 Monday
  • 08:48

18日金曜日は5時30分で診療を終えてすみませんでした。

CDRI5月例会でした。

今回は、3回目のご登壇になる、川崎市ご開業の日高豊彦先生に「インプラントにおける骨造成」についてお話しいただきました。

日高先生には、グローバルプログラムでも大変お世話になっております。

ご講演は、先生が歩まれて来た40年間の臨床の中で、骨造成の変遷及び、現在の考え方をお話しいただきました。

当院での臨床とかなり重なることもあり、非常に共感しました。

日高先生

骨造成は、手術侵襲も大きくなるのでできればせずに済ませたい手技ですが、術後のケアや年月が経った後のことを考えると避けて通れないものの一つです。

現在の考え方に共通するものですが、なるべく侵襲を少なくしながら成果を出したいと考えています。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM