美しさの他に

  • 2011.12.26 Monday
  • 09:07
矯正をした場合に、歯並びが良くなるのは当然です。
これは主に隣の歯との重なりが取れるということです。
そのほかにできれば獲得したい関係があります。
今日はそんな話。

それは、歯ならびならぬ根ならびと上の歯と下の歯のかみ合わせです。

根ならびは歯ならびが改善することによって、根の込み入った関係が改善された根のならびのことです。
これによって歯周病に抵抗性が高いお口が獲得されます。

さらに、上と下の歯の関係が改善することによって、噛みこんだときは奥歯が前歯を、前や横に歯を動かしたときには、前歯が奥歯を守る機能を与えることができます。
これは我々が全体的に歯を治す場合に目標とするかみ合わせです。

実際は、歯を動かすだけで十分な関係を作れるかどうかは難しいところもあります。しかし、さらに歯の形を修正すればその可能性は高まります。
ただ、上と下の関係は骨の位置がかかわっていることも多く、歯を動かす矯正では十分に対応できない場合もあります。

矯正には美しさはもちろんですが、そのほかにも将来にわたって得られる利点がいくつかあるのです。
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM