隔壁

  • 2015.01.22 Thursday
  • 08:36
先日のラバーダムに続き、本日はその前処置である「隔壁」についてのお話です。

隔壁とは?
歯が大きく虫歯になってしまい、歯肉の下くらいまでなくなってしまった時に行うものです。

隔壁前

こんな場合、何もしなければ当然ラバーダムは出来ません。
そうなると、根の治療中は唾液だらけで無菌的な処置など出来ず、治療は失敗に終わってしまいます。
そこで歯のなくなった部分を一時的に治して、唾液が入らないように壁を作る処置が「隔壁」です。

隔壁後

この処置を行っておくと、根の治療後も土台の一部に利用できたりメリットはかなりあります。
ただ、この処置もラバーダム同様あまり目にすることはありません。
その理由は、やはり無料だからです。
しかし現在は当院では可能な限り行っています。
それはやはりラバーダムと同様治療がしやすいからです。
またこの違いは、必ずや術後の治癒の差に現れてくると信じているからです。


 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM