オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違い

  • 2015.03.09 Monday
  • 08:52
ホワイトニングを行う場合、診療室で行う場合と自宅で行う場合があります。
患者さんにとっては、診療室で行うオフィスホワイトニングのほうが価値あるもののような感覚があるかもしれません。
それでは、それぞれはどのような違いがあるのでしょうか?
本日はそんなお話です。

当院では基本的に自宅で行うホームホワイトニングを薦めています。
患者さんにとっては、実施当日にある程度短時間で効果がわかるオフィスホワイトニングに魅力を感じるのも当然に思います。
先日も、同様な問い合わせがありました。
当院が、ホームホワイトニングにこだわるのは、そのほうが自然な白さになるからです。
ホワイトニングは、どれもエナメル質表層の有機成分を酸化して分解し、結晶成分の屈折率を変えることによって白く見せるすりガラス効果によっています。
オフィスホワイトニングは、傾向的に表面的に白くなる印象があります。
白くなりたいとういう患者さんの期待には沿えるような感じを受けますが、実際は白い絵の具を塗ったように透明感が低い艶消しのような白さになるイメージがあります。
それに対して、ホームホワイトニングは、実際の天然歯のように表面の部分は薄まった牛乳のように透明感があり、その中に白い層があるような自然な白さになるのです。

ホームホワイトニングは、完了するのに3週間程度要するため時間がかかりますし、一気に白くなるのではないために効果もわかりにくい欠点もあります。
ただ、今まで施行した患者さんを見ているとやはりこの方法を薦めてしまうのでした。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM