抜歯後の骨の鋭縁

  • 2015.04.15 Wednesday
  • 08:16
歯を抜くと基本的にはその下の骨は吸収します。
抜くときの状態よっては、うまく均等に吸収せず段差になることがあります。
時にそれは、とがったとげの様になって歯肉から飛び出てくることがあります。
本日はそんな抜歯後の骨の鋭縁の話です。

歯を抜いてしばらくした時の話ですが、抜いた所に根が残っているとの訴えがたまにあります。
多くの場合が、吸収せずに残った骨の鋭縁が歯肉を突き抜けて出てきて舌に触っています。
通常は、抜歯後6ヶ月程度たつと歯があった部分の骨は吸収します。
この部分は、歯を維持するため必要だった骨で、歯がなくなった場合は必要なくなるためです。
普通の状態では、歯がなくなった部分は滑らかな曲線で吸収していきます。
図1から2、3のような変化です。

図1 図2 図3

ところが、抜く前に歯の破折などで骨が一部分すでにひどく吸収している場合は吸収が滑らかに進まないことがあります。
その場合図4のように一部分の骨が残り、歯肉の上まで突き出てくることがあります。

図4

これが舌や頬っぺたにとげの様にあたってきます。
患者さんにとっては歯の根が残っているような感覚になるのです。

このようになった場合は、麻酔をしてとがった本来吸収しているべき部分を削ってやる必要があります。
もちろん削ってしまえば後々何も問題になることがありません。



 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM