診療予約の考え方

  • 2015.03.13 Friday
  • 08:21
当院では、急初診・急再診を除いては予約診療で治療を行っています。
本日は、その予約の考え方についてのお話。

自分の診療にどのくらいの時間がかかるかは、ほぼ決まっています。
また、診療にはステップがあり、やらなければならない診療の段階もほぼ決まっています。
このような歯科の特性から、多くの歯科医院では予約診療が行われています。
当然当院も取り入れていますが、たまにこのシステムに適合しない患者さんもおられます。

当院では、このシステムのおかげもあり、予約時間に来ている患者さんをお待たせすることがほぼありません。
ただ、急来院した患者さんは当然予約に入っていないためその合間に入るので、時間が多少ずれ込む場合があります。
それでも、15分を上限としての待ち時間になります。
このように診療を行っていると、患者さんも自然と予約時間10分ないし5分前には待合室に来てくれます。
ただ必ず予約時間に遅れる患者さんも少なからずいます。
さらには、無断で治療を休む方もいます。
しっかり予約時間の計画をたてる医院では、このような急な空き時間に対応することはできません。
完全な空き時間になってしまいます。

このような予約時間を守れない患者さんは一部分ですが、多くは繰り返す傾向にあります。
予約は、患者さんの貴重な時間を最も効率的に治療に充てるための有効な手段です。
その時間においでになった患者さんすべてに、予定通りの治療を行う約束の時間です。
時に、全く予約時間の概念を理解いただけない患者さんの場合には、診療をお断りすることもあるのです。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM