オープンバイト(開口)の問題点

  • 2015.04.08 Wednesday
  • 10:49
口を閉じても前歯が離れてしまうかも合わせをオープンバイト(開口)と言います。
このかみ合わせにはどんな問題点があるのでしょうか?
本日はそんなお話です。

オープンバイトの原因は、多くは幼児期の飲み込み運動が残っていることによります。
赤ちゃんは、おっぱいに舌を巻きつけて飲み込みます。
この時、唇をおっぱいにしっかり吸い付けて下を前方に出すことで口の中を陰圧にしてのみこみます。
この嚥下の癖が残っている人は、下を前歯の間に出しながら飲み込んでいます。
このために、前歯がかみ合うのを自分の舌で矯正してしまっているのです。
治療にためには、この飲み込み癖を治すことから始めなければなりません。
このお話は後日にします。

さて本日の本題、オープンバイトの問題点についてです。
前歯がかみ合わないことによる弊害は何でしょうか?
前歯には、後方臼歯を守る役目があります。
通常、何も口の中に無い状態で噛み合わせると、臼歯がかみ合った時点で前歯は噛んでいません。
歯を側方にいっぱいいっぱいに動かすと、犬歯がガイドして運動し臼歯部は離れます。
このことにより、臼歯部は側方力から守られます。
また、前方に動かした場合は、門歯がガイドになり臼歯が離れます。
このことで同様に臼歯は側方力から守られます。
オープンバイトだと、この機能が全く働きません。
その為、臼歯部の過剰なすり減りや負担がかかり長い年月のうちには様々なトラブルが発症する危険が高まります。

ただ強調しておきたいことは、これらのトラブルは必ず起こるとは限らないことです。
我々の口の中の疾患は、多くの場合多数の問題が混合して起きるものです。
その原因を一つ一つ解消するのは意味があります。

しかし、必ずしなければならないものとは言えないのです。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM