インプラントオーバーデンチャー

  • 2015.07.09 Thursday
  • 08:20
インプラントによる修復法には大きく分けて二つあります。
一つは、インプラントの上の歯の部分の部品(上部構造と言います)が、セラミックや金属でできた歯やブリッジになっているもの。
これは普通は、ネジやセメントでインプラントと固定されているため、口の中に入りっぱなしで患者さんがとることはできません。
もう一つは、上部構造が取り外し式の入れ歯のなっているものです。
これを、インプラントオーバーデンチャーと言います。
本日はそんな話です。

インプラントオーバーデンチャーを用いる利点は、多くの歯が欠損している患者さんにおいてインプラントの本数を少なくして修復できることにあります。
ただ、固定性のものでなく、自分で外す入れ歯タイプなのである程度の違和感があることは、通常の入れ歯による修復方法と共通しています。
違和感の元凶である、入れ歯の歯肉の部分や真ん中に通る大きな線もつけなければならないことがあります。
下顎義歯
また、「せっかくインプラントにしたのに上は入れ歯なんですか?」という不満もあると思います。

しかしながら、上から見ると入れ歯ですが、中にインプラントが入ることで入れ歯の下の歯肉には大きな違いが生まれます。
インプラントによって、通常は沈み込んでやがて骨を吸収させてしまう入れ歯の動きが抑制されます。
これは非常に大きな変化です。
インプラント1本インプラントオーバーデンチャー1本
また、インプラントの位置によっては、入れ歯のバネや反対側の歯にかけるばね、真ん中に通る線を省くとこができたり、ピンク色の床の部分が小さくできたりします。
インプラント2本インプラントオーバーデンチャー2本

問題点としては、基本的には50ミクロン動く歯と15ミクロン以下しか動かないインプラントに支えられているため入れ歯に力がかかるとたわみが生じ入れ歯が壊れることが頻発する可能性があること。
逆に強固な入れ歯の素材だと力は動かないインプラントに多くかかり、それによってインプラントに問題が起こる可能性があること。

どんな治療でもそうですが、利点欠点を理解して患者さん個人に最適な方法を選択することが大切なのです。
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM