歯周病にかかる危険を予測する

  • 2017.02.17 Friday
  • 08:43

歯周病に対するマイクロビオームの頂点、「Red complex の細菌3種類」。

ただこの細菌に感染していても必ず歯周病に罹患するとは限りません。

本日は、その発症を予測する、「予測歯科」のお話。

 

歯周病発症には様々な修飾因子がかかわってきます。

ブラッシングの良し悪しもその一つですが、それだけではありません。

例えば、肥満の指標になるBMI指数、標準が22ですがこれが25以上になると歯周病罹患率が3.02倍、30以上だと8.6倍になります。

年齢でも40歳以上は、罹患率2.2倍。性別では、男性の方が女性より1.5倍罹患しやすくなります。

喫煙歴では、15年以上で2.4倍、30年以上で5.27倍になり、毎日の飲酒ではビール1本程度のもので2.77倍罹患しやすくなります。

さらに糖尿病になると、2.8倍から11.4倍まで上がります。

 

問題なのは、これらのリスクは合併しているのが通常であるということです。

地道な改善を続けるのは容易なことではありません。

めげそうになる時に後ろから背中を押せる医院になりたいと日々考えているのです。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM