下のあごの吸収が進んだ義歯の製作

  • 2017.04.10 Monday
  • 06:45

下あごの吸収が進んだ義歯。

以前、「義歯はどこまで大きくしなければならないのか(下あご編)」にも書きましたが、問題がある義歯を使い続けているとあごが不釣り合いに減ってしまいます。

これを図解すると以下のようになります。

問題ある吸収

ちなみに、適合に問題がない義歯を使っていても以下の様にはなってしまいます。

抜歯後

あごの骨は、歯があるときは歯が生えている部分の骨の栄養分を、歯の周りの歯根膜からもらっています。

この歯が無くなると当然歯根膜もなくなってしまうため、基本的には歯根膜によって維持されていた骨も吸収してなくなってしまいます。

下の図を輪切りにすると以下のようになります。

通常吸収

,良分は筋肉とともに動くところ、△脇阿ないところです。

義歯の範囲は当然動かないところと、義歯に圧力がかかるときには動かない程度に伸びたところになります。

この場合は義歯の表面積が大きく、あごの形が凸面に対して義歯が凹面になって安定しやすい形になります。

一方、あごの吸収が進んだ患者さんは以下のようになります。

異常吸収

,良分が非常に大きく△呂曚鵑里錣困です。

またその判別にも高度が技術が必要になります。

この場合は、あごが凹面になり滑って動きやすい状態になります。

義歯も普通の練って固める型を取る材料ではこの形になってしまいます。

その形では食べるときスリップしてずれてしまうので使えません。

そこで、適度の圧力を変えられる特殊な材料で型を取ると以下のようになります。

義歯の範囲

の部分が特殊な材料によって取れた部分、この型の取り方を機能印象と言います。

型を取るのは義歯製作のほんの一歩ですが、とてつもなく大切な一歩なのです。

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM