歯周病の治癒…

  • 2017.04.14 Friday
  • 07:04

歯周病から治癒とは…

炎症がなくなり(歯肉からの出血がなくなり)、最近との共生関係が確立(細菌がいなくなるのではなく影響がなくなる)その環境が永続しやすいような状態(浅いポケット)になることです。

残念ながらそれは、以前のように歯の間が歯肉に満たされ、骨が上まである状態ではありません。

吸収してしまった骨は基本的には元には戻らず、歯肉は下がった状態で安定します。

図に書くと以下のようになります。

正常像

これは正常な歯周組織。

根の間に上まで歯槽骨があり、歯の間は歯肉で覆われています。

一方歯周病になると骨は歯肉の中で吸収し、歯肉の中と外には歯石と歯垢がこびりつき、それに伴い歯肉は腫れあがっています。

歯周病

この状態に対し、患者さんのブラッシングが解消、歯科医院側では歯石取りとみがき残した部分のクリーニング、場合によっては手術を行って磨きやすい環境に変えてそれを持続すると…。

以下のように変わります。

歯周病から治癒

つまり、歯肉は腫れがなくなり、溶け続けていた骨は安定して固まり、骨の2〜3ミリ上に歯肉が炎症が無い状態である。

残念ながら、骨も歯肉も増殖せず、元の位置に回復とはいきません。

これが歯周病からの治癒像。

事故で手や足がなくなった人が再生しないのと同じように、これが現在の限界なのです。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM