ダイレクトボンディングとCRインレーの違い

  • 2017.05.03 Wednesday
  • 15:43

ダイレクトボンディングとCRインレー、あまり違わないと思われると思いますが実は大違い。
本日はその違いを説明したいと思います。
CRインレーは保険適応があり、手軽に金属の詰め物を白く出来ると思っている方もいると思います。
ちなみに当院ではこのやり方を薦めることはありません。
それはなぜなのか?
適応症が非常に少なく、健康な歯を余分に削る量が非常に増えるからです。
それを図解して説明したいと思います。

図解は以前説明したダイレクトボンディングとインレーの歯質削除量の違いです。ダイレクトボンディングインレー

上記は左がの図が斜線のう蝕の部位に対するダイレクトボンディングの歯質削除量です。

右図はそのう蝕量に対するインレーの歯質削除量です。

歯を失う量は一目瞭然です。

さらにこれがCRインレーになると下図の青線になります。

CRインレー

インレーの灰色線と比べると理解しやすいと思います。

どうしてこうなるかというと。金属より強度がない樹脂は最低1mmの厚みがないと破折し、さらに鋭角にとがった部分があるとそこから応力の集中で割れたしまうので角を丸めないといけないのです。

その為。インレーの形成量よりもさらに多く歯を失います。

悲しいことに、この原則を守らずに金属のインレーの形成でCRインレーをセットしている歯科医院も見受けられます。

歯は削ってしまえば決して戻りません。

その前によく考えて検討することを強くおすすいたします。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM