カールツァイス・ピコモラー、バージョンアップ

  • 2017.07.04 Tuesday
  • 08:18

当院の診療に無くてはならないマイクロスコープ。

特に根の治療で活躍しているカールツァイス・ピコモラーの特注カバーを本日装填しました。

以前からなぜにレンズのカールツァイスのレンズカバーがプラスティックなの?と疑問を持っていました。

ところが、メーカー純正品はこれしかなく、金属加工工場にお願いするしかないという現状。

もちろんそう考えていたのは私だけではないので、ほかの先生が特注した設計図通りに作っていただきました。

旧カバー1旧カバー2

これがおなじみの旧カバーです。

レンズにはめ込んでいるだけなので、今まで患者さんの上に落ちたり、カバー自体の傷のため見にくかったり散々でした。

新カバー1新カバー2新カバー3新カバー4

そしてこれが、山城製作所製専用レンズカバーです。

カメラ用のレンズカバーユニットをワンタッチで取り付けられるので鮮明に見え、また、アルマイト仕上げになっているのでなっているので、オートクレーブ滅菌可能なのでとっけも衛生的です。

おまけに、形もすっきりスリムになって、各種操作つまみも操作しやすくなりました。

これからはカバーの落下を気にせずに存分にマイクロ画像に没頭したいと考えています。

乞うご期待です!(^^)!

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM