神経を取らない努力

  • 2018.04.10 Tuesday
  • 09:00

炎症が神経にまで及ぶと、一般的には痛みが起こり神経に炎症が波及し根の治療になることが多いです。

しかし、神経に炎症が波及しても、神経すべての部位で細菌が広がり、炎症が起こり神経が死んでしまうわけではありません。

神経にも炎症に対する抵抗力があり、それ以下の炎症ならば生き抜くことも十分考えられます。

つまり、回復が望めない部位のみ神経を取り除き、それ以下の神経は回復を期待して残すという考え方です。

そこで、最近当院ではマイクロスコープを駆使し、神経の切断面と出血の状態を観察することによって神経の状態を観察し、生き残ると思われる部分から先の神経を残すことを行っています。

 

我々が大学で教育を受けたのは30年以上前です。

この時の教育では、感染した歯質を除去しているときに神経が露出したら、神経自体に細菌が感染しているので神経をとると教わりました。

この考え方は今でも中心的な考えとして残っています。

ただ知識のアップデートを重ねて、様々な臨床報告を勘案してみると残せる場合もかなりあることがわかりました。

これはいうなればチャレンジなのかもしれませんが、取ってしまったらゼロになってしまうのであれば、説明して同意が得られるならばやってみるべきと考えます。

ただ、炎症に対する抵抗力や治癒能力はどんな検査や診査を併用してもクリアにはできない課題です。

慎重に努力をしても、抵抗力が細菌に負けて神経が死んでしまうことも考えられます。

その場合は、従来通り神経の治療を行うことになります。

 

この方法は従来から生活歯髄切断法という名称で行われてきました。

ただ、適応の多くは神経の生命力が高い小児期に限って行われてきました。

今回の応用は、あくまでも成人であり、神経の周りまでう蝕による歯の軟化が起きているものを指します。

 

従来法では水酸化カルシウムが用いられてきました。

これを用いた場合、その効果で神経の器に石灰化が進み神経が非常に細くなる問題点が言われてきました。

この場合でも神経は生き続けるのですが、本来の知覚を残るかどうか疑問が残ります。

そこで、当院では以前から特殊なケースの根管充填で用いてきたMTAを応用しています。

MTAを用いた場合、水酸化カルシウムを用いた場合と同じように、切断面に歯の堅い壁を作りさらに神経の器は細くならない特徴があります。

残念ながらこの方法は保険適応ではありませんが、後戻りのできない「取り除く」という治療を回避できる可能性があります。

治療前にぜひとも考えていただきたいオプションなのです。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM