フッ素の効果について

  • 2018.06.04 Monday
  • 05:55

フッ素の虫歯抑制効果はよく知られています。
しかし、どのように効果があるのかは漠然としているのではないでしょうか?
本日はそんなフッ素のお話。

 

歯が虫歯になるのは、細菌が産生する酸によって溶ける歯質と、主に唾液によって歯の成分が戻ってくる再石灰化の量の差によるものです。
(詳しくは予防の項目を確認してください。)
フッ素はこの再石灰化を3倍促進させるものです。
正しい使い方を続けて、有効に使用してください。

 

フッ化物の応用は、通常歯磨き粉に入っているフッ化物によってなされます。
多くはフッ化ナトリウムやモノフルオロリン酸ナトリウムとして添加されています。
またはフッ素溶液ジェルやフッ素洗口剤としても応用されています。
私の私見で言わせていただければ、日常生活習慣に入り込みやすい歯磨き製剤での応用がベストではないかと考えています。

歯磨き剤

使用法ですが、最も好ましい使用法は、低濃度フッ素製剤を頻回に取ることです。
よく歯科医院でフッ素塗布を受けるため(基本的には自費診療になるのですが…)来院される患者様がおられます。
また、歯科医師会でおこなわれるイベントに、長い時間並ぶ家族連れもいらっしゃいます。
しかし、基本的に期待される効果は、歯磨き粉に入っているフッ素と何ら変わるモノではありません。

 

その使用方法は、歯ブラシの端から端まで歯磨き粉をつけ、しっかり歯垢を取るように隅々まで磨き、大さじ一杯程度の水で一回だけ、5秒くらいかけてうがいをし、以降飲食をしないことです。
フッ素添加濃度は、日本でも1500ppm未満まで添加できるようになったので、6歳以上はそれを、6歳未満では今まで通り1000ppm未満のモノを使うことになっています。
理由は、フッ素の投与によって班状歯の発生が増加する危険性があるのでということです。
フッ化物を水道水に添加している米国などで頻発し、そのため審美歯科が発展したという皮肉な出来事が過去にありました。
いずれにしても、フッ素の抗う蝕効果は十分期待して良いと思いますので、積極的に応用する事をおすすめいたします。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM